院長インタビュー

西船橋から通える歯医者「岡本歯科クリニック」が目指す歯科治療について、当院の院長である岡本直也よりお話させていただきます。

治療で気をつけているポイント

当院の治療は「患者様と対話し、痛みや負担を減らす」というものです。まずはじっくりとお話をさせていただき、患者様が何を望んでいるか、どんな不安があるのかを聞かせていただいています。理解を深めるために患者様の立場に立ち、「相手や自分がされたら嫌なこと」は絶対にしないと心がけています。

治療の説明時間を長くとっている理由

お口の中というものは、そう簡単に人任せにできるものではありません。「信用できない」人には患者様も安心して治療を任せられないはずです。
ですからカウンセリングルームでじっくりとお口の中状態についてご説明をするようにしています。個室で落ち着いた雰囲気の中、患者様としっかり向き合うようにすると、色々とお話しいただけるものです。
そうした中で私たちは患者様がどういう人柄・性格なのかを含め「希望や不安」を理解していきます。そうして築き上げた信頼関係は、治療においても有効に働くと信じています。

医院の今後の展望

患者様一人ひとりを大切にできる医院を目指したいと思っています。コミュニケーションを大切にして、どんなご要望にもお応えできるよう知識と技術の研鑽も忘れずに行っていきます。人にとって歯は一生使い続ける大切なものですから、私たちも、その場かぎりの治療では終わらず、生涯通い続けられる第二の家のような雰囲気を持ちたいと思っています。

健康を維持するメンテナンスを含め、患者様とは末長いお付き合いをさせていただければ幸いです。

患者様へのメッセージ

誰にとっても歯は一生ものです。大事にすればするほど長く持ちますし、健やかな日常を送ることができます。お口の中に不安を感じたらぜひ当院へお越しください。じっくりとお話をした上で、患者様にとって一番良い治療をさせていただきます。私たちとともに、一生ものの歯をいつまでも健康に保っていきましょう。

患者様へ最高の治療を提供する当院の最新機器と取り組み