当院のこだわり・強み

  • 痛みの少ない治療
  • 拡大鏡、歯科用顕微鏡による精確で削らない処置
  • 歯科衛生士による個々の患者様にあった虫歯対策予防

虫歯を放置する危険性

「痛いけど我慢すればおさまるから……」そう思って虫歯を放置していませんか? 虫歯は安静にしたからといって治るものではありません。わずかでも自覚症状があるのならば治療を行いましょう。放っておけばその痛みはどんどん酷くなってしまいます。

自覚症状のある虫歯は放置すると危険です
  • 自然に治癒することはなく、悪化する
  • 気になって食べ物が美味しく感じられない
  • 常に激しい痛みを感じ、睡眠にも影響が出る
  • 放置すればするほど通院期間・治療費が増える
  • 虫歯菌が血管を介して臓器に侵入すると、重い症状を引き起こす最悪のケースも

可能な限り痛みの少ない治療を行います

岡本歯科クリニックでは、患者様の負担を軽減するため、可能な限り痛みの少ない処置を心がけています。麻酔には以下の機器を使用し、痛みを軽減するためにできるかぎりの配慮をしております。

表面麻酔の使用

表面麻酔の使用

塗り薬のように患部に直接塗る麻酔です。主に注射で麻酔をする前に行います。歯茎の表面に麻酔をかけ麻痺させてから注射をすることで、注射針を刺す痛みを軽減することができます。当院ではジンジカインゲル20%を使用しています。

電動注射器の使用

電動注射器の使用(痛みの少ない注射器)

電動注射器アネジュクトは、コンピューター制御により麻酔液の注入速度をコントロールします。一定速度で注入することで歯肉への刺激を抑えつつ、麻酔液の使用量を少なくすることで、患者様への負担を減らすことができます。

麻酔用カートリッジウォーマー「カプリ」

麻酔用カートリッジウォーマー「カプリ」

麻酔用カートリッジウォーマー「カプリ」を使い、麻酔液をもっとも痛みの少ない温度である「37℃」に温めます。注射の前に麻酔液を温めることで、麻酔時の痛みが和らぎます。

麻酔の針33Gの使用

麻酔の針33Gの使用

注射器は細ければ細いほど痛みが出にくくなります。当院では歯科でもっとも細いサイズの注射針(33G/0.26mm)を使用しています。

痛みの少ない麻酔の方法

①最初に、ゼリー状の表面麻酔薬を歯肉に塗ります。

②表面麻酔に十分な時間をかけることで、注射針による痛みを極力減らすことが可能です。

③表面麻酔がしっかり効いたあと、麻酔の針を刺入していきます。
■ポイント:お口の中には麻酔注射の痛みを感じにくいところと、痛みに敏感なところがありますので、まずは痛覚の少ないところから少しずつ麻酔をしていきます。

④注入速度を一定に保てる電動麻酔器でゆっくり時間をかけて行うことで、麻酔薬の量も減らすことができますし、しっかりと麻酔の効果が出ます。
■ポイント:針の太さや刺し方、麻酔薬の温度、注入のスピードや注入時に手に伝わるわずかな感覚にも細心の注意を払うことで、麻酔時の痛みもほとんど感じないようにすることが可能です。


通常、歯科治療は時間的な制約が多く、麻酔処置には十数秒しかかけられていません。短時間の処置では痛みの少ない麻酔処置を行うことは困難です。
岡本歯科クリニックでは、麻酔が必要な治療にはあらかじめ十分な治療時間をお取りしています。麻酔処置に時間をかけることで、麻酔自体の痛みを抑えつつ、十分な効果が得られます。



正確でできるだけ削らない治療を実現

最高倍率10倍の拡大鏡(サージテル)を使用

最高倍率10倍の最新式・拡大鏡(サージテル)を導入し、細部まで確認しながらより精度の高い虫歯の治療を実現します。拡大して見ることで治療精度が高まるので、見た目もきれいになるうえに、再治療や虫歯の再発率が格段に減ります。

肉眼の最大25倍に拡大可能な歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用

マイクロスコープOPMI pico with MORA interface (カールツァイスメディテック社)を使用しLED照明の明るい視野のもと、バリオスコープというレンズで細かい患部をしっかりと拡大した精密歯科治療は虫歯の治療はもちろん、その他にも歯冠形成、歯内療法、口腔外科、口内診査など、いろいろな分野に応用することができます。マイクロスコープを使うことで、仮に歯を削る場合にも必要最低限な箇所のみ削れます。健康な歯を無駄に削ることなく、できるかぎり残して治療を行うことが可能なのです。

当院の虫歯対策、虫歯予防

西船橋から通える歯医者「岡本歯科クリニック」では様々な虫歯対策と虫歯予防を行っています。

当院の予防歯科における取り組み
  • 担当衛生士による個々の患者様に合った予防プラン、歯ブラシ指導
  • 定期健診
  • 早期発見、早期治療
  • シーラント、フッ素のケア
  • 精度の高い技工物(優秀な技工士との連携)

岡本歯科クリニックでは、患者様一人ひとりに合った治療方法をとっています。削る部分を最小限にし、なるべくご自身の歯を残す治療を行っています。
歯に痛みが出てからの通院では重症になっていることも少なくありません。定期健診をおすすめします。
当院の予防方法はこちらからご覧ください。

ズキッと歯が痛むのは知覚過敏の可能性が

冷たいものを口にして「ズキッ」と痛くなることはありませんか? こうした一時的な痛みに多くの人は虫歯を疑いますが、実は「知覚過敏」の可能性もあります。

知覚過敏とは、歯の表面が削れたり、歯の根っこが露出したりするなどして神経が刺激を受けやすくなっている状態です。

虫歯や知覚過敏はどちらも歯が痛むものですから、ご自身で判断はつきにくいと思います。適切な診断と治療をするためにも「ズキッ」とした痛みを感じたらぜひ岡本クリニックへご相談ください。

奥歯の痛みは親知らずかも?

「奥歯の方がズキズキと痛む……」それはもしかしたら、親知らずが原因かもしれません。親知らずは前歯から数えて8番目に生える口の一番奥の歯です。個人差はありますが、基本的には歯が生えるあごのスペースが十分でないために横を向いたり斜めになったりしてしまいます。痛みや炎症を起こしたり、周囲の歯を押し出して歯並びを悪くさせたりしてしまいます。あまりにも悪影響が出る場合は抜歯が必要です。

もちろんすべての親知らずが抜歯対象というわけではありません。歯科医院で、視診やレントゲンでの診察を受けることをおすすめします。当院におきましては、高度な歯科用CTを導入していますので、親知らずの位置や生え方を立体視して3次元で判断することができます。痛みや炎症のリスク、歯並びを脅かす危険性を正確に予測することが可能です。

患者様の状態や希望に応じた治療を行うことができますので、親知らずでお困りの方はぜひ一度ご相談ください。