当院のこだわり・強み

  • 患者様への歯周病の説明の徹底、基本に忠実に処置
  • スキルの高い担当衛生士による歯周病の処置、管理
    (メンテナンス、予防歯科)
  • 重度歯周病の方の為に、骨再生療法エムドゲイン

日本人が歯を失う第一の原因は歯周病です。およそ8割の方が「すでに歯周病にかかっている」あるいは「歯周病予備軍である」と言われています。

歯周病になると、まず歯茎の炎症が起こります。症状が悪化してくると、顎の骨の変形や歯周組織の破壊が起こる恐ろしい病気です。初期段階においては自覚症状がほとんどなく、放置してしまう人がほとんどです。歯茎の腫れや出血、歯のぐらつき、膿みなどの症状が出てくるとかなり進行した状態といえます。そのままにすると歯が抜け落ちるという最悪のケースもあります。

歯周病の原因となるプラーク(歯垢)とは

※↑歯垢の中に存在する歯周病菌など

プラーク(歯垢)は食べ物のカスのように見えますが、実際は歯周病菌や虫歯をはじめとする細菌のかたまりです。プラーク1mgに1億個以上の細菌がいると言われています。歯周病は痛みをほとんど感じませんが、歯の支えとなる骨を溶かし、歯が揺れ始め、抜けてしまう恐ろしい病気なのです。

こういう方は歯周病に注意しましょう

喫煙をされる方

喫煙をされる方

タバコを吸うと血管が細くなり血液の循環が悪くなることで、歯周病の発症に気づきにくくなるといわれています。

疲労やストレスが多い方

疲労やストレスが多い方

心身の疲れは免疫力を低下させてしまいます。歯周病菌を増やすことにもつながるので注意しましょう。

よく噛まずに食べてしまう方

よく咬まずに食べてしまう方

殺菌効果があり口腔の健康を保っている唾液は、よく噛むことで分泌されます。食事の際、あまり噛まない人は唾液量が少なく、歯周病菌も繁殖しやすくなってしまいます。

肥満気味の方

肥満気味の方

肥満は歯にもよくありません。脂肪細胞は刺激を受けると炎症につながる物質を分泌してしまいます。歯周病を促すリスクがあります。

こういう方は歯周病に注意しましょう

以下のチェックリストにより、歯周病の危険性を判別することができます。

歯茎から血が出ますか?    
歯茎が腫れてはいませんか?    
起床時に口の中が粘つきませんか?    
最近、口臭がきつくなっていませんか?    
歯が長くなったように見えませんか?    
歯茎がムズムズすることはありませんか?    
歯茎から膿が出ることはありますか?    
歯のぐらつきはありませんか?    
チェック数が0個の方

今のところ問題はありません。健康な状態を維持できるよう予防に励みましょう。

» 予防方法はコチラ

歯周病の症状と、その治療方法

歯肉炎・軽度歯周病の場合

症状

歯茎に炎症が起きます。冷たい水がしみたり、歯みがきの時に出血したりすることがあります。歯周ポケットが多少深くなりますが、痛みはほぼありません。

治療法

ブラッシング指導

ブラッシング指導

ブラッシングは歯周病治療の基本です。丁寧な指導により、毎日のブラッシングの質を高めるお手伝いをします。

スケーリング

スケーリング

「スケーラー」という器具により、歯周ポケットや歯と歯の間にある歯石を取り除く方法です。歯周病の症状の悪化を防ぐことができます。

中等度歯周炎の場合

症状

顎の骨まで炎症が達してしまい、歯を指で押すとグラグラします。歯茎の腫れや出血が目立つため、歯が浮いているような感覚を覚えます。

治療法

ルートプレーニング

ルートプレーニング

歯周ポケットの奥深くにあるプラークや歯石を、専用の器具によって掻きだします。感染した歯質も取り除き、症状の悪化を防ぎます。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯周ポケット掻爬(そうは)術

局所麻酔を施し、歯周ポケットに溜まった歯石や膿み、感染した組織を除去します。

重度歯周炎の場合

症状

顎の骨は半分以上、溶けてしまいます。歯周ポケットはかなり深くなり、歯茎は膿み、激しい痛みを生じ、口臭もかなりきつくなります。ここまで進行すると、歯が抜け落ちるなど最悪のケースもあり得ます。

治療法

歯周外科

GTR

麻酔をしたうえで歯肉を切開して歯根を露出させ、プラークや歯石、感染した歯周組織を除去します。

エムドゲイン法

エムドゲイン法

失われた歯を再生する、それがエムドゲイン法です。従来の治療では困難だった、歯周組織の再生を促す最新の治療法です。エムドゲインゲルを塗布することで、歯の発生過程に似た環境を再現します。

歯周病は予防できる病気です予防についてくわしくは下をご覧ください

痛くないうちに予防をすることが大切です

「歯医者には歯が痛くなってから行くものだ」と考えている方は、少なくありません。内科や外科ならそれでもかまいませんが、歯科は別の視点で事前の通院も考えるべきです。風邪やケガならば、治療をしたら元に戻ります。しかし歯はそうはいきません。虫歯になったら、完全に元に戻ることはあり得ないのです。

削ったり抜いたりすれば歯にダメージが蓄積されていきます。何度も繰り返せば、いずれ歯を失うことにもなるでしょう。治療ももちろん大切なことですが、何よりも重要なのは「予防する」こと。早期の発見・治療ができれば末長く歯を守ることができます。悪くなってから行くのではなく、悪くなる前に歯医者に行くことが大切です。

生涯を通して「自分の歯で食事をしたい」「笑顔で白い歯を見せたい」。人生を楽しむためには、予防は何よりも大切です。痛みがなくとも、歯医者に通って豊かで幸せな未来を手に入れましょう。西船橋から通える歯医者「岡本歯科クリニック」では、そのお手伝いをさせていただきます。

定期健診予防の重要性

予防の種類

ご自分で行うホームケア

プラークコントロールをし、口腔内を健康に保つために、まずは自宅でできるホームケアをしっかりと行いましょう。

食事後に歯磨きをし、食べかすを除去することは、ホームケアの第一歩になります。正しい歯磨きの方法は担当衛生士が患者様に合わせて指導いたしますので安心してください。また歯ブラシでは落としきれない歯と歯の間の汚れはデンタルフロスで、また歯と歯茎の境目の汚れは、歯間ブラシを使って汚れを取り除きましょう。フッ素入りの歯磨き粉を使えば、歯の質を強くし、虫歯になりにくくすることができます。

ホームケアでは、ご自身の口腔内環境に合ったデンタルグッズを使うことも重要です。歯が小さい人は小さいヘッドの歯ブラシで磨いたほうがよく磨けますし、歯と歯の隙間が空いている人には、歯間ブラシを使って隙間の汚れも落とすべきです。

当院では、患者様のお口の状態に合わせて、歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシなどデンタルケアグッズを提案しています。

プロフェッショナルケア

毎日しっかりとホームケアをしている人でも、磨き残しを完全になくすことはできません。磨き残された古い歯垢や歯石はもう歯ブラシなどで除去することはできないからです。

そこで、ホームケアでは行き届かない部分を、「プロフェッショナルケア」で補うことが必要です。定期的に歯科医院に行って、専門の器具、機械、薬剤などを使って、歯科衛生士に磨き残しをクリーニングしてもらいましょう。

歯科衛生士の「ブラッシング指導」を受ければ、ホームケアの質を高めることもできます。口腔内の状態に合わせて、年に3回以上、定期的にプロフェッショナルケアを受けることが理想的です。

それでは、プロフェッショナルケアではどんなことが行われるのかを見てみましょう。

PMTC

PMTC

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、歯科衛生士が専門の機械を使い、歯の隅々までクリーニングすることを言います。ホームケアによる毎日のブラッシングでは落とせない古い歯垢、歯石、歯の表面の細かい汚れ、細菌の膜を取り除き、歯の表面をツルツルにすることでプラークをつきにくくします。
クリーニング後のお口の中はさっぱりとし、きれいになったお口を実感できます。

歯周ポケットのクリーニング

歯周ポケットのクリーニング

歯と歯茎の間の歯周ポケットは、歯ブラシの毛先が届きにくく、汚れがたまりやすいため、口臭や歯周病の原因になります。歯周ポケットの状態を検査し、しっかりとクリーニングすれば、口臭や歯周病を予防し、お口の健康を保つことができます。

フッ素コーティング

フッ素コーティング

フッ素には、虫歯菌が出す酸への抵抗力を強める働きがあります。フッ素を歯にコーティングすることで、虫歯になりにくい丈夫な歯になります。効果をより持続させるためには定期的にフッ素を塗布することが必要です。

ホームケアのアドバイス

ホームケアのアドバイス

「毎日歯を磨いているのに虫歯になった」と言われる方は、正しく歯を磨けていないことが原因であることがほとんどです。歯の状態やお口の中の様子は人によって違いますので、自分にあった正しいブラッシングを知る必要があります。

歯科衛生士によるブラッシング指導を受ければ、ホームケアの効果を高めることができます。

歯が持つ大切な役割とは

人にとって歯は一生ものです。全身の健康を維持するためにも、歯が持っている大切な役割を理解しておきましょう。

食べ物を噛むことができる

歯で噛み砕かれた食べ物は消化器官へ流れていきます。細かくなっているほど消化吸収をしやすくなり、胃腸の負担を減らすことにつながります。

味覚を補うことができる

人間が感じる味わいにはいろいろな種類があります。歯で感じられるものには「歯ごたえ」「歯ざわり」「温度」などがあります。

異物を確認し分別することができる

魚の小骨や貝類の砂、プラスチックなどの異物などを感知することができます。歯の感覚によって異物の飲み込を防げるわけです。

美しい発音ができる

私たちが言葉を発するときは舌や唇、そして歯を使います。生えそろっていないと正しい発音は難しくなります。

顔のバランスを整えることができる

左右の歯が生えそろっていないと、顎の筋肉や骨の成長に影響がでて、顔のバランスが崩れてしまいます。

力を入れやすくなる

人は歯を食いしばると力が出やすくなります。噛みしめる役割を担う奥歯がないと、十分な力を発揮できません。

ご自分の歯を健診に保ちたい方は定期健診をおすすめします お問い合わせはこちら047-316-0839