当院のこだわり・強み

  • 無菌で処置ラバーダム防湿
  • マイクロスコープと歯科用CTによる精確な治療、判断
  • 使用器具の滅菌の徹底

重度の虫歯でも歯を残す、根管治療(歯内療法)とは

歯の根っこの部分には根管と呼ばれる管があります。歯の神経や血管が通る管で、とても大切な部分です。虫歯が進行してしまうと根管内が菌に冒されてしまい、最悪の場合「歯を抜く」という選択をしなければならなくなります。

しかしできることなら、その後の健康のためにも歯は残しておきたいもの。重度の虫歯でも抜歯をせずに自前の歯を残す治療が「根管治療」です。

当院の根管治療(歯内療法)

残念ながら日本の歯内療法は、アメリカなど他の医療先進国と比較すると大変遅れをとっています。その現状を少しでも変えるため、西船橋から通える歯医者「岡本歯科クリニック」では科学的根拠に基づいた、医療先進国で行われている治療法を取り入れております。

患者様の安心と安全のために、新しく高度であり、かつ手間のかかる治療を惜しみなく行っています。その中でも代表的なものが「ラバーダム防湿」と「マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)」の導入です。

無菌処置を可能にするラバーダム防湿

ほとんどの歯科医院では導入されていないラバーダム防湿。しかし当院では可能な限りラバーダム防湿を行っております。どんな人であっても、お口の中は細菌でいっぱいです。たとえば1gの歯垢の中には約100億もの細菌がいるとまで言われています。

「せっかく神経を取ったのに根の奥で再感染してしまった」
「痛い思いをして治療したのにまた膿んで腫れてきた」

こうしたことが起きるのは、口の中の細菌が入り込んでしまっていることが原因です。

ラバーダムを行う大きな理由は細菌だらけの唾液を歯につけない、つまり無菌処置をすることにあります。

ラバーダム処置を行えば根管治療(神経の処置)の成功率を大きく高めます。逆に言えば、ラバーダムをしなければ「歯の根の再感染」「強烈な痛みの再発」は防ぎがたいのです。

ほとんどの歯科医院では「保険治療でやるのには手間がかかる」「大変なわりにお金にならない」という理由でラバーダム治療を行っていません。しかし当院では患者様の安心と安全を第一に考え、ラバーダム防湿を導入しております。ぜひご相談ください。

精度の高い治療を実現するマイクロスコープ

これまで、歯科医療の現場では医師による勘や感覚が重視されてきました。そのため視認できない、細やかな作業が必要になっていたのです。

当院では眼科・心臓外科・脳外科での手術で使用される拡大鏡やマイクロスコープOPMI pico with MORA interface (カールツァイスメディテック社)を導入しております。治療に応じて使い分け、より精度の高い歯科医療を実現しました。

勘や感覚ではなく、その目でしっかりと確認して治療を行い、治療後もトラブルがない。精度の高い治療、それこそが当院が患者様に喜ばれ選ばれる理由です。

歯科用CTで正確な診断

当院では正確な診断を行うためにシロナ社製のCT、ORTHOPHOS XG 3Dを併用しています。
通常のレントゲン写真と違って三次元(立体的)で解析ができるため、より正確で精密な診断が可能になります。
歯科用CTは、根管治療だけでなくインプラント治療、歯周病治療、親知らずの抜歯、矯正歯科などすべての歯科治療において有効です。より正確で精密な診断をするためには不可欠と考えられます。

治療器具の滅菌

根管治療にはリーマーという器具が欠かせません。それらの器具は歯の根の中に入れるため、歯の汚染歯質・細菌や唾液・血液などが付着します。当院ではリーマーを入れているステンレス製のリーマーボックスを患者様ごとに用意し、滅菌したものを10個は常備するようにしています。使用する器具は全て患者様ごとに滅菌パックしています。それにより院内感染のリスクを排除し安心で安全な治療をご提供しています。

根管治療(歯内療法)の流れ

Step.01 血管と神経の除去 Step.02 根管の長さの計測 Step.03 根管の洗浄
Step.04 薬剤を詰めて密閉 Step.05 芯(コア)の設置 Step.06 人工歯の取り付け