当院のこだわり・強み

  • ゴールデンプロポーションやスマイルラインに基づく美の高い基準
  • 信頼できる優秀な技工士との連携(審美性と機能性の両立)
  • ホワイト二ング、矯正(1~2歯の乱れなどの小矯正にも対応)

美しい口元を手に入れる審美歯科

最近は高い美意識を持つ多くの方が、ご自分の口元に関心をもたれるようになり、歯科治療によって美しい口元を手に入れるようになりました。

美しい口元とは、歯と顔との美的調和を図りつつ、1本1本の歯をより自然に美しくしていくこと。つまり美しい魅力的な口元は美しさ・清潔感・知性・明るさを表し、その方の魅力を最大限に引き出す象徴でもあるのです。

美しい口元は自信にもつながり、気持ちも前向きになり、他人からの評価も高くなると言われています。

美の高い基準

当院の審美治療では、優秀な技工士と連携をし、顔貌全体の中に審美的要素を適正な比率で配列し、芸術的及び科学的原則に従って調和させております。 以下で美しい口元の基準をご紹介します。

ゴールデンプロポーション

ゴールデンプロポーション

個々の歯や歯列、歯と顔のバランスの基準。人間の顔の理想的なバランス(比率)をレオナルド・ダ・ビンチなどが分析したという究極のプロポーション。 歯科以外にも建築や芸術など様々な分野で使用されています。
別名黄金比とも言われ、これは「前歯の審美治療」においてそれぞれの歯の美しい見え方の基準であり、正面から見た前歯3本の幅の比率が「中切歯」:「側切歯」:「犬歯」=「1.618」:「1」:「0.618」で左右対称となるのが理想的であるというものです。

スマイルライン

スマイルライン

スマイルラインとは、笑顔をつくった時に見える下唇のラインと上顎の前歯の先端を横に結んだラインのことです。
微笑んだときに下唇と並行に沿うスマイルラインをチェックしてみましょう。スマイルラインと下唇がきれいに並行しているようなら、それは理想的な歯並びのひとつの証拠。鏡に微笑むだけで分かるので、ぜひチェックしてみてください。

エステティックライン

エステティックライン(Eライン)

アメリカの矯正歯科医であるDr.ロバート・リケッツによって発表されたもので、顔を横から見て鼻の先端と顎の先端を結んだラインをエステティックライン(Eライン)と呼び、一般的にこのエステティックライン上、あるいは若干内側に唇が位置することが、理想的であるとされています。

優秀な技工士との連携(審美性と機能性の両立)

歯科治療において技工物を、天然の歯のように再現することは当然のことです。仮にそこで満足して終わっていたら本当の医療とは言えません。美しい見た目はもちろん重要ですが、さらに重要なのは適合と咬合の精度です。


例えば被せ物と歯肉にわずかでも隙間が開いていたら、歯垢や細菌が溜まり炎症を起こす原因になります。そしてそこから虫歯になってしまったら、治療をして被せ物をしたはずなのに、それが原因で新たな虫歯を作ってしまうことになりかねません。

当院の技工物は信頼できる優秀な技工士が作製しています。口腔内の模型を基に顕微鏡下でミクロン単位の高精度な技工物を作製しています。

また、患者様の噛み合わせが正確に再現されることも重要なことです。噛み合わせが少しでもずれたり合わないと、顎の関節や歯を支える組織、噛み合わせに関わる神経と組織、全身にも影響を及ぼすことがあります。

そのため、咬合の精度(噛み合わせの正確さ)に特に気を使い、審美要素を含め、患者様の体に合った最適な噛み合わせの歯を与え、健康を取り戻すことに主眼を置いています。

当院で取り扱う素材の紹介

岡本歯科クリニックで取り扱っている審美歯科素材をご紹介いたします。

オールセラミック

オールセラミック

見た目や金属アレルギーの問題を解決した素材が、「オールセラミック」です。すべてセラミックでできていますので審美性に優れ、天然歯と遜色がないほどの自然な透明感と美しい色ツヤが得られます。ファイバーコアを用い、金属を使用しないため金属アレルギーの方におすすめです。

セラミックインレー

セラミックインレー

セラミック製の詰め物のことを「セラミックインレー」と言います。虫歯治療後などの金属の詰め物が気になる方や、自然な歯の状態を取り戻したい方におすすめです。

メタルボンド

メタルボンド

全体をセラミック素材で製作し、その内側を金属で補強した技工物が「メタルボンド」です。オールセラミックよりも透明感や色調の面で若干劣りますが、丈夫で長持ちします。金属を使用するため金属アレルギーの方にはおすすめできません。

歯の黄ばみを解消するホワイトニング

  • 歯の黄ばみが気になっている方
  • 歯の色が気になって口をあけることがコンプレックスな方
  • 今の歯の色より白くしたい方
  • 歯のクリーニングを行っても色がくすんで見える方

上記のようなお悩みがある方はホワイトニングがおすすめです。
ホワイトニングとは、歯の表面に付着した色素のみを落とすのでなく歯自体を白くしていくものです。歯の表面を傷つけることなく歯の中にある色素を分解して歯の明るさを上げて白くしていくことを言います(漂白、ブリーチング)。

当院はビヨンドホワイトニングシステムを取り入れております。歯を削ることなく、可逆処置、安全性のある処置で、手軽に歯を白くできる審美処置です。

歯科医院で白くする「オフィスホワイトニング」

早く白い歯を手に入れたい方におすすめです。

歯科医院で行うホワイトニングです。オフィスホワイトニングは、歯の表面にホワイトニングのお薬を塗布し、光を照射することにより歯の中にある色素を分解して、歯の明るさを上げて白くしていくことを言います。短時間で完了するため、歯を傷つけることなく1回でも白さを実感できます。(個人差はあります。)
※当院では2回法をおすすめしています。

こういう方におすすめ

  • 結婚式など大切な予定を控えている方
  • お忙しくて短時間で白くしたい方

ホワイトニングの流れ

Step.01 カウンセリング Step.02 歯の色の確認 Step.03 クリーニング
カウンセリング
歯科医師または施術を担当する歯科衛生士が、ホワイトニングについて説明及び患者様のご要望などを丁寧にお伺いいたします。
歯の色の確認
歯の色の見本を見ながら現在の歯の色を確認し、目標の歯の色を設定します。
クリーニング
歯の表面が汚れていると、ホワイトニングの効果が出にくくなります。専用の機器でしっかりとクリーニングを行ってからホワイトニングに進みます。
Step.04 歯茎の保護 Step.05 ホワイトニング剤の塗布 Step.06 ビヨンドライト照射
歯茎の保護
ホワイトニングの薬剤が、歯茎に触れないように保護剤を塗ります。それを光で固めます。
ホワイトニング剤の塗布
ホワイトニング剤をむらができないように丁寧に塗布します。
ビヨンドライト照射
ホワイトニング剤の効果を高めるためのライトを照射します。こちらは発熱が少なく、紫外線も完全にカットされているので歯に安全です。10分3セット行ないます。
Step.07 トリートメント Step.08 色の確認 Step.09 度ホワイトニング
ホワイトニング剤の除去と2回目の塗布
歯の表面にふたたび着色物が付かないようにトリートメントをします。そしてフッ素による歯質の保護、強化をいたします。
トリートメント
施術前の色と比較して、白さを確認していただきます。
色の確認
1週間後に再度ホワイトニングを行います。

ホワイトニングを行う上での注意点

  • 施術後すぐは着色しやすい色素の強い、カレー、コーヒーなどの摂取は控えてください
  • 歯の白さを長く保つために、定期的なメンテナンスを受けましょう
  • 歯がしみるような症状が出ることもありますが、数日で治まりますのでご安心ください

銀歯や歯の黄ばみでお悩みの方は一度当院までご相談ください TEL.047-316-0839