入れ歯・ブリッジ・インプラント

  • TOP
  •  > 入れ歯・ブリッジ・インプラント

あなたに合った治療法をご提案します
~入れ歯・ブリッジ・インプラント治療~

あなたに合った治療法をご提案します~入れ歯・ブリッジ・インプラント治療~

残念ながら歯を失ってしまった方の場合、入れ歯やブリッジ治療を適用することが一般的ですが、そのほかの選択肢としてインプラント治療があります。西船橋から通える歯医者「岡本歯科クリニック」では入れ歯、インプラント、ブリッジなどさまざまな治療法に対応いたします。あなたのご希望をお聞かせください。もっとも合う治療法を一緒に考えていきましょう。

歯科補綴(ほてつ)学を熟知した院長による入れ歯治療

当院の院長は大学の補綴科で入れ歯や噛み合わせについて専門的に学び、治療を行っていた実績と知識があります。こちらでは、精度の高い入れ歯治療(自費治療)を ご提供するために欠かせない、さまざまな高度な義歯の技術をご紹介します。

個人トレーの利用
個人トレーの利用 個人トレーの利用

みなさんも経験があると思いますが、入れ歯をつくる際にはまず、お口の「型」を取ります。この型をもとに模型をつくり、入れ歯を作製していくのですが、すべての基本となる「型」がしっかり取れていなければ、完成した入れ歯にも「ズレ」が生じてしまい、噛めない・痛い・外れる入れ歯ができあがってしまいます。規格トレーではなかなか精密な「型」は得られません。そのため当院では、患者さんオリジナルの個人トレーを作製し、「型」を精密に取ります。

半調整性咬合器の使用
半調整性咬合器の使用 半調整性咬合器の使用

より精度の高い入れ歯作製のために、当院では半調節性咬合器を使用します。まず模型上で、噛み合わせの型を取るためのロウでできた咬合床というものを作製し、咬合器上で人工の歯を並べます。 記録を取った半調節性咬合器上で噛み合わせのバランスを整えて作製するので、実際にお口の中に入れてからの入れ歯の調整が少なくてすみます。

正確な印象採得
筋形成および選択的加圧印象

口の中が機能している状態に合う入れ歯の辺縁(端の部分)の「型」をつくるための印象採得方法です。個人トレーを使用して、入れ歯の床辺縁の位置や厚さなどを、お口の中の粘膜や筋、筋肉の動きに調和させるために行います。

シリコン印象

シリコンは寸法精度・安定性にとても優れているため、精密な印象採得に適しています。しかしシリコン印象材はとても高価なため、一般的には、おもに自費の入れ歯のための作業用模型の印象などにかぎって使用されます。

入れ歯をつくる際の咬合(噛み合わせ)について
フルバランスオクルージョン(両側性平衡咬合)

食べ物を噛むときに顎を横に動かす側方運動時にも、前に動かす前方運動時にも、すべての上下顎人工歯が接触する噛み合わせのことをフルバランスオクルージョンといいます。総義歯(総入れ歯)の理想的な咬合です。

片顎性平衡咬合

右側で物を噛んだとき、右側の奥歯(臼歯)は接触しますが、左側の臼歯は接触しない噛み合わせです。部分床義歯(部分入れ歯)に用いることがある噛み合わせです。

片顎性平衡咬合
実際に患者さんに合った理想的な噛み合わせが付与された入れ歯です。まず歯科技工士が人工歯を配列したあと、患者さんの噛み合わせに合うように私自身が修正したケースです。

入れ歯の種類はとても豊富ですので、患者さんに合わせて選ぶことが大切です。しっかり噛めない、痛い、不自然に見えるなどのイメージがある入れ歯ですが、丁寧な調整を行えば、保険の入れ歯でも十分にお使いいただけます。また、当院では自費の入れ歯もおつくりしています。費用はかかりますが、より快適な入れ歯のご提供が可能です。一概に「入れ歯なんて使えない」などとは考えず、まずはお気軽にご相談ください。

保険診療と自費診療の入れ歯の違い

レジン床義歯(保険診療の入れ歯)
レジン床義歯(保険診療の入れ歯)
歯肉に触れる部分がレジン(歯科用プラスチック)の保険診療の入れ歯です。厚みがあるので熱が伝わりにくく、食べ物の温度がわかりにくいので、味覚はあまり楽しめません。また、人によって装着時に違和感を覚えることがあります。落とすなどの衝撃で割れやすい素材で、人工歯の種類や部分入れ歯の維持装置(バネ)にも制限があります。一方で、保険適用なので安価に治療でき、ほとんどの症例で使用できるのがメリットです。
金属床義歯(自費診療の入れ歯)
金属床義歯(自費診療の入れ歯)
歯肉に触れる部分が金属製の入れ歯です。費用はかかりますが、それ以上の満足が得られます。見た目や快適さなどを考え、「保険診療の入れ歯ではどうしても満足できない」という方におすすめです。チタン製の義歯は、さらに軽く快適です。
金属床義歯の特徴
違和感が少ない 美しく自然な人工歯 負担の少ない維持装置
レジンよりも薄くつくれるので、違和感が少なめです。熱が伝わりやすく、食べ物の温度を感じやすいので味覚を助けます。強度が高く丈夫です。 さまざまな色や形の人工歯の中から、患者さんに合う自然で美しい人工歯を選択できます。 見えにくく、残っている歯に対して負担が少なく優しい入れ歯です。

機能性や美しさに優れたインプラント治療

機能性や美しさに優れたインプラント治療

失ってしまった歯の機能を補うための治療法のひとつがインプラント治療です。インプラントとは、歯が抜けてしまった箇所に人工歯根(歯の根っこ)を埋め込み、その上から人工歯を被せて噛む力を回復させる治療です。

人工歯根が顎の骨としっかり結合するため、自分の歯と似たような噛み心地で、取りつける人工歯は機能面・審美面ともにご満足いただけるものになることでしょう。人工的な歯といっても、厳密には少し違います。インプラントは歯そのものだけでなく、歯の根っこ(歯根)までを含んだ構造です。ここが入れ歯やブリッジによる治療との根本的な違いです。

インプラント治療では顎の骨に人工的な歯根をしっかりと固定します。本物の歯のように顎の骨から人工歯が出ていることになるので、かぎりなく自分の歯に近い構造です。インプラントは審美性と機能性の両面において、元の自然に近い状態を再現できる治療法です。

インプラント治療のメリットとデメリット
【メリット】
・自分の歯と同じような感覚で噛めます
・見た目の仕上がりが自然です
・まわりの歯を傷つけません
・1歯欠損から全歯欠損まで対応可能です
【デメリット】
・ほとんど抜歯程度ですが、外科的な治療が必要です
・医療費控除の対象ですが、保険適用外で治療費が自己負担です
・重度の全身疾患のある方にはインプラント治療ができない場合があります

正確な診断による当院のインプラント治療

歯科用CTを活用したインプラント治療
歯科用CTを活用したインプラント治療 歯科用CTを活用したインプラント治療 歯科用CTを活用したインプラント治療

当院ではインプラント治療をされるすべての患者さんに対してCT撮影をお願いしております。院内に、歯科用CT(ドイツ・シロナ社製の歯科用CT・ORTHOPHOS XG 3D)があるので正確で高度な診査、解析、診断が可能です。それは通常、大学病院や総合病院などで数週間かかる検査です。

インプラント治療でCT解析を利用すれば、術前に埋入する骨の状態(質や厚み、高さ、形態など)を正確に把握できます。CT画像をもとに、的確な治療計画を立てることは、安全で安心なインプラント治療へとつながります。

CTを利用した高精度な治療計画と高品質なインプラントは患者さんにとって大きな利益になると考えております。

3大インプラントメーカーの信頼性
3大インプラントメーカーの信頼性
当院ではインプラントの3大メーカーのひとつのアストラテックインプラント(スウェーデン製)を使用しています。インプラント埋入後、インプラント周囲の骨に変化があるのですが、アストラテックインプラントの場合、インプラントの上部のまわりの骨吸収(骨が減ること)が少なく、経年的に見ても、骨のレベルが下がらないことが特徴です。また骨との結合がとても早く強い構造ですので、治療期間が短縮されるのもメリットです。当院では長く使っていただけるインプラント治療をご提供いたします。

残った歯をいかして歯を取り戻すブリッジ治療

残った歯をいかして歯を取り戻すブリッジ治療
歯が抜けてしまったとき、両方にあるとなりの歯を削って土台をつくり、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を補うのがブリッジ治療です。素材により保険適用となるので費用負担を軽減できる、治療期間が短いなどのメリットがあります。一方で周囲の歯にダメージを与え、土台の歯の寿命を縮めてしまう可能性があります。
ブリッジ治療のメリットとデメリット
【メリット】
・固定式のため、ほとんど装着感がなく、違和感が少なめです
・セラミックを使えば天然歯のようにきれいです
・人工歯の素材によっては保険適用内で治療できます
・外科処置が不要です
【デメリット】
・連結した人工歯を支えるため、となりの健康な歯を削らなければなりません
・支えになる歯に大きな力の負担がかかります
・抜けた歯の骨が痩せる場合があります
・ブリッジと歯肉との間に食べ物のカスがつまりやすく、口の中が不衛生になりがちです
歯を失ってしまったら、お早めにご相談ください
あなたに合った治療法をご提案します
ご予約はこちらからどうぞ