マタニティ検診と治療

  • TOP
  •  > マタニティ検診と治療

妊婦さんのお口の健康を守ります~マタニティ検診と治療~

妊婦さんのお口の健康を守ります~マタニティ検診と治療~

妊娠するとさまざまな理由により、お口の中は虫歯や歯周病にかかりやすい環境になります。そのままにしておいては、妊婦さんだけでなく、お腹の赤ちゃんの健康にも悪影響を及ぼします。妊娠中は歯科治療が受けられないと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、時期を選べば、特殊な治療を除いた通常の歯科治療や予防処置が受けられます。西船橋の歯医者「岡本歯科クリニック」ではマタニティの検診と治療にも対応しますので、お気軽にご相談ください。

治療を受けるタイミング

妊娠中はホルモンバランスが大きく変化し、つわりなどでブラッシングがしにくくなることもあって、虫歯になりやすい時期です。妊娠中のお口の状態は、妊婦さんやお腹の赤ちゃんの健康にも影響を与えます。気になる症状がある場合には、まずはお気軽にご相談ください。

治療を受けられる時期
妊娠初期
(1~4ヶ月くらい)
つわりがひどい時期です。また、切迫流産が起きる可能性があります。当院では担当の産婦人科の先生と緊密に相談して、体調面や治療時の注意点、お薬などの情報を取得したうえで、治療開始時期を決定します。
妊娠中期
(5~7ヶ月くらい)
つわりも落ち着き、安定期に入っている時期です。歯科診療にもっとも適したタイミングといえます。お口のトラブルがない場合でも、健診を受けて、お口の中のチェックや歯のクリーニングを含めた予防処置を受けて、お口の健康を守りましょう。
妊娠後期
(8ヶ月以降)
この時期は陣痛が起きる可能性がありますので、治療を行うならば、できるだけ早く済ませるようにしましょう。症状によっては歯科医と相談し、治療は出産後に延期することも視野に入れてください。

妊娠性歯周炎に注意しましょう

妊娠性歯周炎に注意しましょう
妊娠中は女性ホルモンの分泌が増えるため、歯周病にかかりやすい時期です。妊婦の方がかかる歯周病をとくに「妊娠性周囲炎」と呼びます。歯周病にはお口の健康だけでなく、低体重児出産や早産の確率を大幅に高めてしまうリスクがあります。妊娠中は歯のケアにとくに気を使いましょう。歯医者での定期的なメンテナンスも、歯周病予防・早産リスクの低減に重要なポイントです。

つわりがひどくて歯が磨けない方へ

妊娠初期のつわりには個人差があるとはいえ、大半の方が「歯ブラシを口に入れただけでえづいてしまう」ようです。つわりによってブラッシングが行えない、難しいという場合は次に挙げる工夫をすると、楽にブラッシングができるようになります。
つわりのときのお口のケアのアドバイス
  • ・歯磨き粉を減らす、または使わずにブラッシングする
  • ・ヘッドの小さい歯ブラシや歯間ブラシを使用する
  • ・デンタルリンスで口腔ケアする
  • ・お茶など殺菌成分のある飲み物を積極的に摂る
  • ・定期的にうがいをする

ちょっとした工夫ですが、つわりによるブラッシング難が緩和されるはずです。もし上記の方法もつらいという場合は、食後に繊維質が多い食品(リンゴや野菜類)をよく噛んで食べてください。お口の中がスッキリします。

妊娠中のデンタルQ&A

※質問をクリックすると回答が現れます

妊娠中はレントゲン撮影できますか?
妊娠初期の場合であればなるべく避けたほうがよいでしょう。ただしお口の症状によっては緊急を要することもあります。その際、歯科治療においてレントゲン画像が求められることもあるので、まずはご相談ください。もちろん、安定期まで待つのが理想です。
麻酔が赤ちゃんに影響しませんか?
歯科医療における局所麻酔は分量が少なく注射した部分で分解されるため、心配は不要です。ただ、以前に一度でも麻酔アレルギーや気分の不調を感じたことがある方はご相談ください。状態を判断したうえで、対処をさせていただきます。
親知らずが痛くてたまりません。抜いてもいいですか?
基本的には、妊婦さんの抜歯はせず、様子を見ます。産婦人科の先生と相談をさせていただき、消毒や薬で痛みを抑えるようにします。出産後、状態を診て改めて抜歯するか否かの判断をいたしますので、何かございましたらすぐにご相談ください。
歯の丈夫な赤ちゃんを産むために妊娠中にできることはありますか?
歯の主成分はタンパク質やカルシウム、ビタミンです。これらは歯がつくられるのに役立ちます。だいたい妊娠7週目から乳歯の芽のようなものができますので、そのタイミングに合わせて積極的に摂取しましょう。
マタニティ歯科にも対応します
お口まわりのお悩みはお気軽にご相談ください
ご予約はこちらからどうぞ