岡本歯科クリニックの目的

岡本歯科クリニックの目的は「日本一良い歯科医院」になることです。

医院外観

現在日本は多くの歯科医院が混在しています。岡本歯科クリニックをその中で患者様が選んでくれる、信頼される、そして地域で一番の歯科医院となり、その結果日本一良い歯科医院になることを目的にしています。
お口のことで困ったら相談にのってくれる、安心して任せられる、そしてすべての患者様に高度な歯科技術、誠実な心をもって一人ひとりの患者様に対応し、患者様が「ここにきてよかった」と満足していただくことを使命としています。

また当院に志高く入ってきた歯科医師、歯科衛生士、歯科助手をきちんと採用・教育する仕組みを作り、当院及び全従業員が繁栄を推進することを旨とします。
そして当院で育った歯科医師や歯科衛生士が地域歯科医療・社会に貢献する、そのような病院体制を目指しています。

これらを実現し「日本一良い歯科医院」になることを目的にスタッフみんなの力を合わせて前に進みたいと思います。


岡本歯科クリニックのコンセプト・こだわり紹介

患者様との信頼関係を築き、安心して治療を受けていただくことが私たちの喜びです。みなさまが安心・安全・リラックスできる歯科医院を目指し、高度機器の導入・衛生管理の徹底・お子様への配慮・綿密なコミュニケーションなど、様々な取り組みを行っております。


痛みの少ない治療

岡本歯科クリニックでは、患者様の負担を軽減するため、可能な限り痛みの少ない処置を心がけています。麻酔には以下の機器を使用し、痛みを軽減するためにできるかぎりの配慮をしております。

表面麻酔の使用

表面麻酔の使用

塗り薬のように患部に直接塗る麻酔です。主に注射で麻酔をする前に行います。歯茎の表面に麻酔をかけ麻痺させてから注射をすることで、注射針を刺す痛みを軽減することができます。当院ではジンジカインゲル20%を使用しています。

電動注射器の使用

電動注射器の使用(痛みの少ない注射器)

電動注射器アネジュクトは、コンピューター制御により麻酔液の注入速度をコントロールします。一定速度で注入することで歯肉への刺激を抑えつつ、麻酔液の使用量を少なくすることで、患者様への負担を減らすことができます。

麻酔用カートリッジウォーマー「カプリ」

麻酔用カートリッジウォーマー「カプリ」

麻酔用カートリッジウォーマー「カプリ」を使い、麻酔液をもっとも痛みの少ない温度である「37℃」に温めます。注射の前に麻酔液を温めることで、麻酔時の痛みが和らぎます。

麻酔の針33G

麻酔の針33Gの使用

注射器は細ければ細いほど痛みが出にくくなります。当院では歯科でもっとも細いサイズの注射針(33G/0.26mm)を使用しています。

痛みの少ない麻酔の方法

①最初に、ゼリー状の表面麻酔薬を歯肉に塗ります。

②表面麻酔に十分な時間をかけることで、注射針による痛みを極力減らすことが可能です。

③表面麻酔がしっかり効いたあと、麻酔の針を刺入していきます。
■ポイント:お口の中には麻酔注射の痛みを感じにくいところと、痛みに敏感なところがありますので、まずは痛覚の少ないところから少しずつ麻酔をしていきます。

④注入速度を一定に保てる電動麻酔器でゆっくり時間をかけて行うことで、麻酔薬の量も減らすことができますし、しっかりと麻酔の効果が出ます。
■ポイント:針の太さや刺し方、麻酔薬の温度、注入のスピードや注入時に手に伝わるわずかな感覚にも細心の注意を払うことで、麻酔時の痛みもほとんど感じないようにすることが可能です。


通常、歯科治療は時間的な制約が多く、麻酔処置には十数秒しかかけられていません。短時間の処置では痛みの少ない麻酔処置を行うことは困難です。
岡本歯科クリニックでは、麻酔が必要な治療にはあらかじめ十分な治療時間をお取りしています。麻酔処置に時間をかけることで、麻酔自体の痛みを抑えつつ、十分な効果が得られます。

信頼できる優秀な技工士との連携

技工物作製の様子

現代の歯科医療において、技工士との綿密な連携は欠かせません。患者様の状態を確認し、即座に技工処置を行うことが負担を軽減することにつながります。当院は優秀な歯科技工士と連携をとり、顕微鏡下で技工物を作製し、審美性(美しさ)と機能性を両立させた物をご提供することができます。

また、院長は大学時代に補綴科(詰め物被せ物、入れ歯の分野)に在籍しておりました。そのため技工への造詣は深く、常に新型の機器を導入しております。小さなことでも、ぜひお気軽にご相談ください。即座に対応をいたします。

丁寧なカウンセリングを実施

カウンセリングの様子

西船橋から通える歯医者「岡本歯科クリニック」では、「一人対一人」として患者様とじっくり話し合い、納得のいく治療を行うように心がけております。

患者様のお口の中を拝見し、カウンセリングを実施し、十分な時間を取ってご説明をして、ご納得いただいたうえで治療をいたします。患者様の現状とご希望などをお聞きしたうえで個々の患者様に最適な治療計画を立てていきますので、安心して治療を開始していただけます。
(※痛みのある方は、応急処置を優先するケースがあります)。

高精度な機材による診査診断で患者様の歯を守ります

当院では患者様の負担を減らし、より高度で精密な治療を行うために高精度な機材を導入しております。

スピーディーな診察と治療を可能にする歯科用CTの導入

歯科用CT

歯科用CTはコンピュータを駆使し、データ処理と画像の再構成をした断層写真を撮ることができる装置です。口腔内を立体的に捉えることができ、インプラント治療や親知らずの抜歯、歯周病治療などにも有効活用できます。

歯科用CT写真1

歯科用CT写真2

当院ではドイツ・シロナ社製の歯科用CT、ORTHOPHOS XG 3Dを導入して、通常であれば大学病院や総合病院で数週間かかるような高度な診査・解析・診断をスピーディーに行うことを可能にしました。

患者様の負担を減らすとともに、ドクターの初期診断のスピードが速くなるため、治療をより円滑に行うことができます。

繊細で正確な歯科医療を実現するマイクロスコープやサージテルの導入

実体顕微鏡(マイクロスコープ)

実体顕微鏡(マイクロスコープ)

拡大鏡(サージテル)

拡大鏡(サージテル)

当院では、眼科や心臓外科、脳外科など繊細で正確性が問われる手術で使われている拡大鏡(サージテル)や実体顕微鏡(マイクロスコープOPMI pico with MORA interface (カールツァイスメディテック社))を導入しております。

拡大鏡は最高倍率10倍、マイクロスコープは25倍まで拡大することができます。LED照明の明るい視野のもと、バリオスコープというレンズで細かい患部をしっかりと拡大し、勘ではなく目視で精度の高い歯科医療を患者様にご提供いたします。

大学病院レベルの滅菌・衛生管理を実施しています

西船橋の歯医者「岡本歯科クリニック」では、治療で使用した器具に応じて複数の滅菌器を使用し、徹底した院内感染防止対策を行っています。切削器具は患者様ごとに交換しており、すべて確実に滅菌・消毒して次の治療まで無菌状態で保管。「町の歯医者さん」のレベルを超えた大学病院級の衛生管理を実施していますので、安心して治療をお受けください。


医療従事者としての滅菌に対しての考え

当院は他の一般的な歯科医院とは違いとにかく衛生面・滅菌にこだわっております。

衛生面は診療において保険請求ができません。つまり衛生面・滅菌に力をいれればコストがかかります。しかし自分や私の家族が安心して診療を受けられる病院を考えた場合、衛生面・滅菌は非常に大事なファクターとなります。

大切な患者様のお身体をお守りし、安心して通院して頂ける環境作りをしていく事も、私達医療従事者の責務と考えております。

「クラスB」の滅菌器~バキュクレーブ31B+~

バキュクレーブ31B+

当院では、優れた滅菌性能を備えるクラスBの滅菌器「バキュクレーブ31B+」を使用しています。

日本においてクラスB滅菌の導入率は2%程度と言われています。
「クラスB」とは、衛生規格EN13060において最も厳格とされる基準のこと。クラスBの滅菌器は、「医療先進国の規格に適した滅菌クオリティを備えている」「徹底的な空気除去による高温高圧滅菌が可能である」「さまざまな種類・形状の機器を滅菌できる」ということができます。
「バキュクレーブ31B+」なら、中空のもの、多孔性のもの、包装物・非包装物を問わず高いレベルで滅菌することができます。

安心・安全のための当院の取り組み

ディスポーザブル

コップやエプロン、ヘッドカバーなどは患者様ごとにディスポーザブル(使い捨て)のものを使用します。

サーフィスバリア

滅菌できないライトのハンドルや治療椅子のスイッチなどは、サーフィスバリア(使い捨てビニール)で覆います。

スリーブ

滅菌できない器具にはスリーブ(ビニールのさや)をかけ、患者様ごとに交換します。

切削器具

切削器具(歯を削る機械)は患者様ごとに交換しております。当院では普通の病院の3倍以上の数を完備しております。滅菌はEXクレーブⅡを使用しております。

当院で使用しているその他の滅菌器について

サンクレーブSGC-220

サンクレーブSGC-220

一般的な歯科医療機器や複雑な形状をした機械・器具を滅菌するための装置です。クラスBに該当しないレベル(クラスS・クラスN)のものはこちらで滅菌を行います。

EXクレーブII

EXクレーブII

大型高圧蒸気滅菌器では滅菌するのに時間がかかる(約50分)ため、ドリル類の滅菌が次の患者様に間に合いません。そこで活躍するのが小型高圧蒸気滅菌器です。わずか10分~14分という速さで滅菌でき、患者様ごとに歯を削るタービンやハンドピースを確実に滅菌した状態で使用することを可能にします。

ホルホープデンタル

ホルホープデンタル

ホルマリンと呼ばれる消毒剤を使用し、オートクレーブにかけられない器具を滅菌する装置です。ホルマリンには細菌やウィルスに対して非常に強い殺菌力があるので、高温に耐えられないエラスティック製品やプラスチック製品などもしっかり滅菌できます。ガス滅菌器はランニングコストが高いこと、手間がかかることなどから導入している歯科医院は多くありませんが、衛生管理に欠かせない装置と当院では考えています。

予防でお口と歯の健康を守ります

ケアの指導

「口・歯」は、私たち人間にとって食べ物が通る最初の消化器官。そのあとに続く、胃や腸の働きをスムーズに機能させるためにもとても大切な器官ですから、日頃のケアや病気になった場合の対処をおろそかにしてはいけません。歯科医療に対して正確な知識を持ち偏見をなくすことは、あなた自身とご家族の健康を守るために大変重要なことです。

診療風景

私は歯科医師として、正確な知識・技術を獲得するために、様々な研修や学会に参加してきました。そうした日々を通じて、改めて口腔や歯の大切さを実感したのです。口腔や歯が健全であること、つまり咬めることは、自身に「食べる喜び」と「健康で快適な人生」を与えてくれます。整ったきれいな歯並びは、私たちに心の豊かさと自信、何事にも積極的にチャレンジする勇気をもたらしてくれます。私はすべての患者様に、自分の歯を大切に守り、生涯にわたって維持してほしいと願っています。

岡本歯科クリニックでは、処置が終わったあとの予防管理.(定期健診)や長期安定にも力を入れています。何より口腔内予防が大切なのです。

  • 病気にならないための予防
  • 病気が治ったあとも、良い状態を維持するための予防

つまりホームケアプロフェッショナルケアが大事になります。この両輪がうまく働かなければなりません。岡本歯科クリニックでは、処置からその後の予防管理まで総合的に行っていきます。お口の健康は全身の健康につながっていくのです。

  • TOPへ

スタッフ紹介

院長紹介:岡本 直也

西船橋から通える歯医者「岡本歯科クリニック」では患者様が安心・安全に治療が受けられるよう万全な滅菌体制を敷いております。高度かつ専用の機器を充実させて、院内感染を防ぐための十分な配慮をしています。

院長メッセージ
岡本 直也

歯の健康管理は、体全体の健康を保つためにも欠かすことができないものです。たとえば、虫歯や歯周病、噛み合わせの不調和などの問題は、高い見識と技術を持ち合わせた精度の高い根本的な治療を受ける必要があります。

近年、歯科医療の進歩は目覚ましいものがありますが、単に新しければ良いというわけではありません。

当院の歯科診療は、理論的根拠に則り、基本に忠実な治療を行うことを心がけております。患者様一人ひとりに合わせた治療を行い、口腔内の健康を保つお手伝いをさせていただきます。

経歴
  • 2003年:日本大学松戸歯学部卒業
  • 2006~2009年:上田歯科医院勤務(患者様が決めたいい病院、オリコンメディカル5位)
  • 2009年:岡本歯科クリニック開業
  • 2016年:医療法人社団 創聖会設立
所属学会等
  • 日本口腔インプラント学会会員
  • 日本歯科審美学会会員
  • Osseo Skarp Institute Study Club(OSI)
研修記録
  • 藤本研修会、補綴咬合コースPARTI、PARTII、藤本 順平主宰(米国補綴専門医)咬み合わせ、被せ物、精度
  • 藤本研修会、歯内療法コース、宮下 裕志主宰(スウェーデンイエテボリ大学歯内歯周病専門医)根の治療
  • 弘岡 秀明、科学的根拠に基づく歯周治療の実践(スウェーデンイエテボリ大学歯周病専門医)歯肉歯周炎
  • OSIインプラントベーシックコース 伊藤 雄策主宰
  • OSIインプラントアドバンスコース 伊藤 雄策主宰
  • 日本口腔インプラント学会認定講習会(愛知インプラントセンター 堀田 康紀主宰)
  • JIADSペリオ(歯周病)コース 小野 義弘主宰
  • Beyondホワイトニング実践セミナー 北原 信也主宰
  • 位相差顕微鏡 など

岡本歯科クリニック院長インタビュー

歯科医師:小倉 卓也

歯科医師:小倉 卓也
経歴
  • 明海大学歯学部歯学科卒業
  • 明海大学病院臨床研修修了
  • 都内歯科医院に勤務
  • 岡本歯科クリニック勤務
所属学会等
  • 日本顎咬合学会

歯科医師:鈴木 英梨子(非常勤)

経歴
  • 日本大学歯学部歯学科卒業
  • 日本大学歯学部付属歯科病院研修診療部
  • 日本大学歯学部付属歯科病院歯科保存学第一講座
  • 都内歯科医院勤務
  • 岡本歯科クリニック勤務

歯科矯正担当医:弘松 美紀

弘松 美紀
経歴
  • 日本大学松戸歯学部卒業 歯学博士(歯科矯正学)
  • 日本矯正歯科学会認定医
所属学会等
  • 日本矯正歯科学会会員
  • 東京矯正歯科学会会員
  • 顎変形症学会会員
  • 審美歯科学会会員
論文
  • 急速拡大後の自然保定における変化(2010)
  • 第一大臼歯の頬舌的歯軸傾斜と歯列幅の成長パターンについて:日本人と南太平洋諸国の2集団との比較(2006)

スタッフ紹介

スタッフ紹介

あたたかい雰囲気に満ちた明るい医院。それが西船橋から通える歯医者「岡本歯科クリニック」の特徴です。

ドクターとスタッフ、またスタッフ同士のスムーズなコミュニケーションをはかるために、定期的なミーティングを行い情報の共有を行っています。各スタッフは、専門の講習会や研修会にも積極的に参加しています。

こうした日々の努力の積み重ねを続け、地域の人々や来院される患者様方から信頼される「ホームドクターとしての歯科医院」を目指しています。

安心・安全・丁寧な治療を全力でサポートいたします。

当院の診療の流れをご紹介します