治療を受けるタイミング

妊娠中はホルモンバランスが大きく変化し、つわりなどでブラッシングがしにくくなることもあって、虫歯になりやすい時期といえます。出産が近づくにつれ、歯科治療を受けるリスクが高くなりますので、妊娠中のお口の健康状態には注意をしてください。

治療を受けられるタイミング

妊娠初期
(1~4ヶ月くらい)
つわりもひどく、様々なことが要因となり、切迫流産が起きる可能性があります。当院は担当の産婦人科の先生と緊密に相談して、体調面や治療時の注意点、お薬などの情報の取得をして、治療開始時期を決定します。
妊娠中期
(5~7ヶ月くらい)
つわりも落ち着き、安定期に入っている時期です。治療にもっとも適したタイミングといえます。
妊娠後期
(8ヶ月以降)
この時期は陣痛なども起きる可能性があります。治療を行うならば、可能な限り早く済ませるようにしましょう。症状によっては歯科医と相談し、出産後に治療を延期することも視野に入れてください。

妊娠中には「どうしたらいいかわからない」といった不安がつきものです。どんな些細なことでも構いません、西船橋から通える歯医者「岡本歯科クリニック」にお気軽にご相談ください。

妊娠性歯周炎に注意

妊婦の方がかかる歯周病を特に「妊娠性周囲炎」と呼びます。実は妊娠中は女性ホルモンの分泌が増えるため、歯周病菌にかかりやすくなっているのです。

歯周病はお口の健康だけでなく、低体重児出産や早産の確率を大幅に高めてしまうというリスクがあります。妊娠中は歯のケアに特に気を使いましょう。歯医者で定期的なメンテナンスをすることも、歯周病予防・早産リスクの低減に重要なポイントになります。

つわりがひどく歯をみがけない方へ

妊娠初期のつわりには個人差があるとはいえ、大半の方が「歯ブラシを口に入れただけでえづいてしまう」ようです。つわりによって歯磨きが行えない、難しいという場合は以下のような工夫をすると楽にブラッシングできるようになります。

  • 歯磨き粉を減らす、または使わずにブラッシング
  • ヘッドが小さい歯ブラシや歯間ブラシの活用
  • デンタルリンスでの口腔ケア
  • お茶など殺菌成分のあるドリンクを常飲する
  • 定期的なうがいをする

ちょっとした工夫ですが、つわりによるブラッシング難も緩和されるようになります。もし上記の方法も辛いという場合は、食後に繊維質な食品(リンゴや野菜類)を良く咬むようにしてみてください。お口の中をスッキリさせることができます。

妊娠中に知っておきたいデンタルQ&A

※質問をクリックすると回答が出ます。

Q 妊娠中のレントゲン撮影は可能ですか?
妊娠初期の場合であればなるべく避けたほうが良いでしょう。ただし症状によっては緊急を要することもあります。その際、レントゲンを撮ったほうが良いということもあるので、一度ご相談をお願いします。もちろん、安定期まで待つのが理想です。
Q 麻酔が赤ちゃんに影響することはありますか?
歯科医療における局所麻酔は分量が少なく注射した部分で分解されるため、心配される必要はありません。ただ、以前に一度でも麻酔アレルギーや気分の不調を感じたことがある方はご相談ください。状態を判断したうえで、対処をさせていただきます。
Q 親知らずが痛くてたまりません。抜いてもいいですか?
妊婦の方であれば、基本的には抜歯はせず様子を見させてください。産婦人科の先生と相談をさせていただき、消毒や薬で痛みを抑えるようにします。出産後、状態を診て改めて抜歯するか否かの判断をいたします。何かございましたらすぐにご相談ください。
Q 歯の丈夫な赤ちゃんを産みたいです。妊娠中にできることはありますか?
歯の主成分はタンパク質やカルシウム、ビタミンは歯の生成に役立ちます。だいたい妊娠7週目から乳歯の芽のようなものができますので、そのタイミングにあわせて積極的に摂取していきましょう。

お子様が生まれた時のために知っておきたいこと