最適な方法で歯を取り戻しましょう

残念ながら歯を失ってしまった方の場合、治療法としては入れ歯やブリッジを適用することが一般的になりますが、そのほかの選択肢としてインプラントもあります。

西船橋から通える歯医者「岡本歯科クリニック」では入れ歯、インプラント、ブリッジなど様々な治療法をご用意しております。あなたのご希望をお聞かせください。最適な治療法を一緒に考えていきましょう。

歯科補綴学を熟知した院長による入れ歯治療

岡本歯科クリニック院長は大学の補綴科で入れ歯や噛み合わせについて専門的に学び、治療を行っていた実績と知識があります。

高度な義歯の技術:個人トレーによる筋形成、選択的加圧印象、ゴシックアーチ、CRBT、フェイスボウ、フルバランスオクルージョン(両側性平衡咬合)、片側性平衡咬合、リマウントでの咬合調整、オルタードキャスとテクニックなど(一部保険外)

個人トレーの利用

皆さんも経験があると思いますが、入れ歯を作る際、まずはお口の「型」をとります。この型をもとに模型を作り、入れ歯を作成していくのですが、すべての基本となる「型」がしっかり取れていなければ、完成した入れ歯にも「ズレ」が生じてしまい、噛めない・痛い・はずれる入れ歯が出来上がります。当院ではこの「型」を精密に取るため、すでに規格の定められたトレーではなく、患者様オリジナルの個人トレーを一から作製し精密な型を取っていきます。

半調節性咬合器の使用

当院ではより精度の高い入れ歯を作製するために、半調節性咬合器を使用しています。まず模型上で、噛み合わせをの型を取るためのロウでできた咬合床というもの作製し、半調節性咬合器上で人工の歯を並べます。 記録を取った半調節性咬合器上でバランスを取ることによって、口の中での入れ歯の調整は少なくてすみます。

入れ歯を作る際の咬合の熟知

フルバランスオクルージョン(両側性平衡咬合)

側方運動時、前方運動時にすべての上下顎人工歯が接触する咬合関係を言います。総義歯を作る際に理想的な咬合と言われています。

片側性平衡咬合

右側で物を噛んだ場合、右側の臼歯は咬合接触しますが、左側の臼歯は咬合接触せず離解する咬合です。部分床義歯(部分入れ歯)に用いる場合があります。

←実際に患者様にあった理想的な噛み合わせが付与された入れ歯。 技工士が最初人工歯配列後、患者様のお口噛み合わせに合うように私自身が修正したケースです。

正確な印象

筋形成及び選択的加圧印象

口の中が機能している状態を、印象辺縁に作り上げるために行う印象採得方法です。個人トレーを使用して、義歯床辺縁位置や厚さなどを、生体の筋活動に調和させるために行います。

シリコーン印象

シリコンは非常に寸法精度・安定性に優れているため、精密な印象採取を行う際に適しています。しかしシリコーン印象材は非常に高価なため、主に自費の入れ歯を製作する際の作業用模型の印象などに限って使用されていることが一般的です。

入れ歯の種類はとても豊富で、患者様によって適切なものを選べます。しっかり噛むことができない、痛い、審美性が悪いなどのイメージがある入れ歯ですが、当院では丁寧な調整を行っていますので、保険の入れ歯でも十分にお使いいただけます。
また、自費の入れ歯もお作りしています。費用はかかりますが、より快適な入れ歯をご提供できます。一概に「入れ歯なんて使えない」などとは考えず、まずはお気軽にご相談ください。

保険と保険外の入れ歯の違い

レジン床義歯(保険の入れ歯)

歯肉に触れる部分がレジン(プラスチック)で作られた保険診療の入れ歯です。金属素材よりも厚みがあるので熱が伝わりにくく、食べ物の温度が感じにくく、味覚が伝えにくくなります。また、人によって装着時に違和感を覚えることがあります。プラスチックですので落としたりしたら割れてしまう場合があります。

また一般にレジンは、他の素材と比べて適合性がやや劣ると言われていますので、使いながら数年おきに作り直しが必要になります。人工歯の種類に制限があり色や形に限界があったりバネに制限があります。一方で、保険適用なので安価に治療でき、ほとんどの症例で使用できるといったメリットもあります。

金属床義歯(保険外の入れ歯)

歯肉に触れる部分が金属素材で作られた入れ歯(自費診療)です。
【薄く、強く、違和感少ない、適合もより良い】
レジンよりも薄く作ることができるので、熱が伝わりやすく、食べ物の温度を感じやすい、味覚を伝えやすいという特徴を持っています。また、違和感もほとんどありません。強度が高く、床に落としても割れる心配はほとんどありません。

【審美性の良い高価な人工歯】
人工歯も天然の歯の代わりになるもので、患者様それぞれに最も合うように、様々な色、形が用意されています。

【負担の少ない維持装置(バネ)】
入れ歯を残っている歯に固定する装置で、残っている歯に必要以上の負担をかけず、歯を長持ちさせることが出来ます。種類によっては、外から留め金が全く見えないので、入れ歯をしていることが分かりにくくなっています。


金属床義歯は自費診療なので費用はかかりますが、それ以上の満足を得ることができます。見た目や快適さなどを考え、「保険診療の入れ歯ではどうしても満足できない」という方におすすめです。最近ではチタンという金属を用いた義歯もあり、さらに軽い義歯を作ることができるようになりました。ぜひご相談ください。

機能面や審美的に優れたインプラント

不幸なことに様々な原因で歯を失ってしまった場合、第一の選択として考えられる治療法がインプラントです。インプラントとは、歯が抜けてしまった箇所に人工歯根(歯の根っこ)を埋め込み、その上から人工歯を被せることで噛む力を回復させる治療です。

人工歯根が顎の骨としっかり結合するため、噛み心地は自分の歯と似たような感覚で、取りつける人工歯は機能面・審美面ともにご満足いただけるものになることでしょう。
人工的な歯といっても、厳密には少し違います。インプラントは歯そのものだけでなく、歯の根っこ(歯根)までを含んだ構造になっているのです。ここが入れ歯やブリッジによる治療との根本的な違いです。

※画像をクリックすると拡大します。

インプラントは顎の骨に人工的な歯根をしっかりと固定します。本物の歯のように顎の骨から人工歯が出ていることになるので、限りなく自分の歯に近い構造となります。
インプラントは審美性と機能性の両面において、元の自然に近い状態を再現できる治療法となっています。

インプラントのメリットとデメリット

インプラントのメリット

  • 自分の歯と同じような感覚で噛むことができる。
  • 見た目の仕上がりが自然。
  • 周りの歯を傷つけない。
  • 1歯欠損から全歯欠損まで対応可能。

インプラントのデメリット

  • 外科的な治療が必要になる(ほとんどが抜歯程度です)。
  • 保険適用外で治療費が自己負担になる(医療費控除を受けられます)。
  • 重度の全身疾患のある患者様など、インプラントができないケースがある。

正確な診断による当院のインプラント治療

CTを使用したインプラント治療

岡本歯科クリニックではすべてのインプラント治療をされる患者様に対してCTの撮影をお願いしております。

当院では歯科用CT(ドイツ・シロナ社製の歯科用CT・ORTHOPHOS XG 3D)を導入しております。院内にCTがあるということは正確で高度な診査、解析、診断(通常、大学病院や総合病院などで数週間かかる検査)が可能ということです。

インプラント治療でCT解析を利用すれば、術前に埋入する骨の状態(質や厚み、高さ、形態など)を正確に判断できます。CT画像をもとに、的確な治療計画を立てることは、安全で安心なインプラント治療へとつながります。

なお、インプラントは安全性と信頼性の高いスウェーデンAstra tech社のAstraを採用しております。骨と結合が非常に早く強い構造ですので、治療期間が短縮されるというメリットがあります。

CTを利用した高精度な治療計画と高品質なインプラントは患者様にとって大きな利益になると考えております。

3大インプラントメーカーの信頼性

ASTRA TECH

当院ではインプラントメーカーの3大メーカーの一つのアストラテックインプラント(スウェーデン製)を使用しています。インプラントを埋入後、インプラント周囲の骨に変化があるのですが、アストラテックインプラントの場合、インプラントの最上部の周囲骨の骨吸収(骨が下がること)が非常に少なく、経年的に見ても、骨のレベルが下がらないことが最大の特徴です。当院では皆様により長く使っていただけるインプラント治療を提供いたします。

残った歯を活かして歯を取り戻す方法ブリッジ

歯が抜けてしまった場合に、両隣の歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復する方法です。素材により保険適用となるので費用的な負担を軽減できる、治療期間が短いなどのメリットがあります。

一方で周囲の歯にダメージを与えてしまう可能性があるというデメリットもあります。

ブリッジのメリットとデメリット

ブリッジのメリット

  • 固定式のため、ほとんど装着感がない(違和感が少ない)
  • セラミックを使えば天然歯のようにきれいになる
  • 人工歯の素材によっては保険適用内で治療できる(保険内は銀歯になります)
  • 外科処置は必要ない

ブリッジのデメリット

  • 連結した人工歯を支えるため、両隣の健康な歯を削らなければならない
  • 支えになる歯に大きな力の負担がかかる。抜けた歯の骨が痩せる場合がある
  • ブリッジと歯肉との間に食べ物のカスがつまり、口の中が不衛生になりやすい

歯を失ってお困りの場合は一度当院までご相談ください TEL.047-316-0839